日々、外の空気に触れに行く

日々、外の空気に触れに行く

日々、よく歩くよう心がけている。今日ぐらいのお天気だと外を歩いてて気持ちがいいし、ただこの街の空気感に触れたり感じたりしてるだけで幸せを感じる。

何の変哲もない日々の、いつものスーパーや郵便局、銀行、飲食店なんかが立ち並ぶ、いつもの風景。
この頃あっち方面には行ってないけど、映画にでも出てきそうなカトリック教会もあってなかなか絵になる風景だ。

ともあれ、慣れ親しんだ、自分の一部であるかのように愛着のある風景と街。

その間を縫っていくようにてくてく、てくてく歩いて行く。

歩きたい。ただそれだけの理由で、本来一日や一回でまとめれば済む買い物や用事なんかも、よっぽど緊急性が高くない限り、わざわざ二日に分けているほどだ。
今日はここのお店で。明日はこっちのお店でという具合に。
そうすれば一日に一回は外に出て歩くことができる。

買い物に行くために歩くというよりは、歩くために買い物をするような位置づけで笑。
要領のよさや合理性だけを考えたら全部一日でまとめて一気に片づけることだってできるけど、この頃は意図的に分割して歩いて買い物に行くのがおもしろくなってきた。

そんなわけで今日も、先日から「散歩のためわざと数日に分割してこまごまと買い物に行く」を、続けるつもりだ笑。
てくてく、てくてくと。

てくてくが言いたかっただけ笑。